4. 不動産投資の種類

不動産投資の種類

不動産投資の種類

●現物不動産投資

現物不動産投資とは、収益物件を購入しオーナーとして家賃収入を得るものです。アパート・マンションの物件を1棟購入するか、その物件の1室だけを購入するかの2パターンの他、自己資金により不動産を購入するパターンと、もともと所有している土地にアパート・マンションを建て、それを賃貸して収益を上げるパターンなどがあります。

●小口化不動産投資

小口化不動産投資とは複数の投資家が少額の資金を出資し、共同で経営するものです。個人では投資が難しい高額の物件へ投資することができます。また、共有持分権を取得するため、投資対象不動産を管理する手間がなくなります。

●証券化不動産投資

証券化不動産投資とはマンションやビルなどの不動産を担保とし、それを証券などに換えて発行することで投資金額の少額化や流動性を確保した投資商品に投資するものです。中でも有名なのが、J-REITと呼ばれる不動産投資信託で、集めた資金をファンドがオフィスビルや商業施設などに投資し、その結果の収益を投資家に分配するシステムになっています。

保険代わりにマンション経営(11疾病保障付団体信用保険)

テレビCMでもよく見る「保険の見直し」を機に、不動産投資をご検討ください。不動産投資には、極力自己資金を使わず投資用住宅ローンを活用し、レバレッジ効果を生かしていただくことをオススメします。不動産ローンを組む場合には必ず、団体信用保険に入る必要があります。

一般的な団体信用生命保険の保障内容(死亡・所定の高度障害状態)に加え、がんと診断確定されたら住宅ローン残高が0円になる11疾病保障付団体信用保険も選択できます。ステージワンのがんでも、がんと診断されればローン残高の全額が保険で支払われます。献身的な治療により、がんが完治した後も住宅ローンは0円のままで、返済する義務はありません。夫婦のどちらかが、がんにかかってもおかしくない時代です。

また、病気やけがで31日以上連続して入院された場合は、月々の返済額も保障されます。大切な家族のために、現物が残る保険の一つとして、終身保険よりオススメできる資産形成です。

東京・横浜の不動産セミナーに参加しようとお考えの方は…

東京の不動産セミナーに参加しようとお考えの方は…

【クラージュTokyo】では、不動産経営をご検討中の方へ東京・横浜でのセミナー情報をお伝えしています。不動産経営をお考えの方の中には、本やインターネットなどを活用して勉強している方もいらっしゃると思いますが、専門家からノウハウを学ぶことができるセミナーもオススメです。

節税対策相続対策将来設計など分からないことは気軽に相談することができるのはもちろん、不動産経営を行う仲間に出会うことで、より知識を深めることができます。

 個別相談・セミナー予約は…

東京・横浜で相続対策・将来設計にお悩みの方へ!不動産経営の相談コラム

東京・横浜で相続対策・将来設計を考えた不動産経営の相談なら【クラージュTokyo】

社名 株式会社オフィス・クラージュ
住所 〈本社〉東京都港区新橋2-5-6    〈月島オフィス〉東京都中央区佃1-11-9
電話 03-6204-9940(営業のお電話はご遠慮願います)
代表者 代表取締役 CEO 齋藤 浩仁
設立 平成27年3月10日
URL https://courage.tokyo